自分で考える力

 

理想の生活、理想の自分を超えてどんどん良い方向に引っ張られている謎の力にドン引きしてる今日この頃。

ま、不安の一つでも現れたらこんな思い一発で消し飛ぶとは思うんだけど。

 

 

『悪魔を出し抜け』を二週目読み終わった。

これからは暇があればこの本を開こうと思う。

読めば読むほど腑に落ちる経験が浮かんでくる。

一生を通して読んでいきたい本になった。

 

流される習慣に抗う唯一の方法は「自分で考える」しかない。ということが基本として書かれてるんだけども、

 

「パソコン、スマホが登場してから自分で考える機会少なくなったよね!!」

ということを提唱したい。

誰もが損をしたくない。だから「スマホで調べる」

そうすれば誰かが同じ疑問や質問をすでに抱えているし、それに対する回答もそこにある。これって当たり前だけどマジで素晴らしすぎることだよね。

「腰痛 原因」

「参考書 おすすめ」

ブラック企業 ランキング」

スマホ 選び方」

 

便利さゆえに「自分で考える」機会が激減した。もちろん、損な選択をすることも少なくなった。

 

でも幸せを見つけよう、大事なものを見つけようとするときに答えはそこにないことの方が多い。

 

言いたいことが分かりにくくて自分でも困ってるけど、

「インターネットの恩恵は一長一短である。」ということ。

いや、こうして改めて言うと「当たり前のことを堂々と言うな」という感じだけど。

 

近頃、スマホをいじるのが惰性になってきてる人が多いと思う。一度、離れてみてはどうだろうか。

俺なんかは使い道として

①定期的なサイト巡回(たまに更新されてる)

②疑問検索

③ラインチェック(ごくたまに来てる程度)

④電話

⑤オーディオブック

⑥グーグルマップ

これだけしか用途がない。(笑)

今後は

③、④、⑤、⑥だけに用途をしぼりたい。

 

インターネットブラウザは消すことができないからなぁ。

そういえばそろそろ二年契約切れるし格安スマホに切り替えようかな。