5月23日 ブラック企業を辞められない理由

 

オナ禁 59日目

射精禁 59日目

エロ禁 24日目

 

・起床時間

09:00

 

サプリメント

亜鉛マルチビタミン&ミネラル、エビオスプロテイン 

 

・食事内容

昼 納豆めかぶ

夜 納豆めかぶ

 

・筋トレ

なし

 

・オーディオブック

 なし

 

・勉強

なし

 

・使ったお金

2000円

 

 

今日はヤフーニュースで「旅行代理店」はブラックという記事を見てなんだかうれしくなりました。あぁ、ブラック企業にさいなまれたのは私だけではないのだと再確認できたからです。(笑)

話題の電通は・・・死人がでているのであまり大きな声では言えませんが、正直、あまりブラックだと思っていなくて

「労働時間は長くても働いた分もらえるのであれば」それはブラックとは言えないのではないか。と思っています。

「働いただけ稼げる」環境がある一方で「働いたら働いただけ損する」環境があるわけですから。

 

で、よく言われる「ブラック企業なんかすぐに辞めて、別の会社にいけば?馬鹿なの?」という意見ですが、自分の経験を省みると、

 

・労働時間がかなり長く、社外の人と話す機会も、時間も、気力もなくなる。

・社外の人と関われないから「これが当たり前」だと洗脳される

・自分よりひどく詰められてる人だってたくさんいる現状を目の当たりにしていてとても「辛いです」なんて言えない。「お前なんて恵まれてるほうだよ。昔は~」理論

・実際、同じ業務を淡々とこなす「本来、人として必要なねじがぶっ飛んだ」変態社員も少なからずいるし、飼いならされてる洗脳されてる社員に囲まれた環境。

・だからブラック企業なのか、自分が甘えてるのか理解するのに時間がかかる

・ただでさえ毎日、自分も必死、上司も必死なので退職を切り出すタイミングもないし気力もない

・自分が勝手に辞めることで上司に、お客様に迷惑を多大にかけてしまう

・忙しすぎて転職の活動ができない(土日に面接できるところはほとんどない)

・かといって辞めてから転職活動をすると、履歴書に空白期間を作ることになり転職が難しくなる

ブラック企業での勤務が転職で評価されない(ブラック企業には評価される)

・転職活動がどのくらい期間がかかるか見当がつかず経済的にかなり不安(自由に動かせるお金が50万は欲しいところ)

・失業保険は待期期間が通常3か月かかるので全くあてにできない

・ブラックなので給料が低く、貯蓄が難しい。

・もう抜け出そうとする力さえでないほど詰められ絞られ鬱になる

  

※実際に勤めている人は目の前のことにあまりに必死で「辞めれば?」っていうやつに上記の理由を説明する気力も頭もないくらい衰弱させられていますし、そんな時間なかなか取れませんしそんな時間があれば少しでも寝たいです。にわかに信じられないかもしれませんが、「元気があるから愚痴が言える」のであって「愚痴をいう気力がないくらい追い込まれた状態」なのです。

 

 

あー、よく考えれば「実家暮らし」の人は転職難易度少し低いかもしれません。余裕かも。

しかし、一人暮らししてる人にとってはかなり難易度が高いですね。

あといい人は辞めづらいですね。人にものすごい迷惑かけちゃいますから。

「別に誰に迷惑かけようがしらねー」っていう人のほうが早く抜け出せます。

 

 

ブラック企業にかかわると

金も時間も体力も根こそぎ奪われる

 

「もっと頑張ろう」「次やりたいことが見つかったら・・・」「もう少し貯蓄ができたら・・・」

なんて思っていたら身も心もブラック企業に飼いならされ

もう逃げようとすら思わなくなるし、逃げるための瞬発力も奪われていくのである。

これがいわゆる社畜である。

 

ブラック企業から転職しようとするのはまさに

水中でジャンプするかのよう・・・私はこれを

沼地ジャンプと呼ぶことにした。ズブズブと沈んでいく足場でジャンプして高く飛べる訳がないのである。チャレンジしたことのある人は分かると思うが、漫画やアニメだと水中で軽々ジャンプできるが、実際は絶望的にできない。

 

「自分が企業の体質を変えたらいいじゃないか!!間違っているのはブラック企業なんだから!!」

はい、これもよく温室育ちのやつがいうことばですね。

そんなやつは

 

ヤクザ事務所に「悪いのも間違っているのもお前らだ!」と言いながら飛び込んで行ってみましょう。

え、ヤクザとは違うじゃないかって?

ヤクザみたいなもんだよ^^

 

 

まぁ、抜け出せてよかった。

かつての地獄を思い出して現状に幸せを感じた日でした。